コーチングの価値を改めて実感しました

コーチングを受けてきました!

現在、TCSベーシック・アドバンス講座で講師をしていただいた方に定期的なコーチングをお願いしています。

今日は、2ヶ月ぶりにコーチングを受けましたが、
やはり「コーチングを受けるのは価値があるな〜」と感じました。

正直、今日のコーチングを受ける前、何に期待していたかというと
コーチの方に色んな話ができることを期待していました。
特に楽しみにしていたのは、「自分がこの3週間で大きく行動を続けられていること」をコーチに報告できる、という楽しみでした。

2ヶ月前にコーチングを受けた時の自分は、将来のことが不安で色んな悩みを抱えて、全く行動もできず、すごくもがいていました。
コーチングを受けた後も、とりあえず目標は立てたけど、本気になれてはいなかったと思います…。
しかし、その不安やもどかしさが、この2ヶ月の間で解消されてから
どんどん行動ができ、自分で驚くほど成長できたと実感していました。

なので、今回は「コーチングを受けて目標を確認しよう!」という気持ちよりも
「ここまでの行動を認めてほしい」という気持ちが強かったのです。

コーチングが始まり、最初に「この2ヶ月どんな行動をしてきたのか」を報告しました。また、いま少し悩んでいることなども相談しながら進めていきましたが、

自分で話をしながら
「あれ、まだまだ考えなきゃいけないことがあったんじゃないか」という疑問が出てきました。

様々な職業を掛け合わせる「複業家」になりたい!と言っていながら、
果たして「軸になる職業」は何なのか?
そういう疑問が、自分の中から沸き上がってきました。

この3週間、思いっきり飛ばしながら、ガンガンに行動してきた自分が
実は見落としていた部分が、やっぱりあった。
そのことに、コーチングを受けながら気づいて、それを深く考えることができました。

コーチングをしてもらっている中で「コーチは在り方」という言葉をいただきました。
これから様々な職業をどんどん掛け合わせていくのではなく

コーチング×エンジニア

コーチング×パーソナルトレーナー

コーチング×教師

と、コーチングを軸にしながら、職業や働き方を考えていこうと思いました。
もちろん軸はその時の状況で変わってもいいと思いますし、おそらくこれからも変わる余地はあると思います。

しかし、今日のコーチングで確認した「コーチングを軸にする」という視点は
自分の今日これからの行動をまた一つ進めてくれる要因になると思います。

今日のコーチングを受けて、行動の軸を作れたというのは、これからの自分の人生の大きな転換点になるんじゃないかと思います。受ける前の自分では、想像もしていなかった結果になったことがすごく新鮮でした。

そして新たに気づいたのは、「コーチングは決して同じ結果になることはない」ということです。
人それぞれ、その時の状況や感情で、コーチングを受ける目的が違うと思いました。
それでも、コーチがやらなければいけないのは、
どういう感情や状況であろうと
「その人の意識を変え、その先の行動を変えること」であると、改めて認識しました。
そのことに自分がコーチングを受けることで気づくことができ、本当によかったです。

これからも行動できている時も、そうでない時も、色んな状況の中でも
自らがコーチングを受ける、ということはしっかりと続けていきたいと思います。

今日は「コーチングの価値」について書かせてもらいました。
そろそろ現役教員の方や教員を目指す大学生に向けて、色んな本の紹介など有益な情報を発信していかないとな〜と思っています…汗。しばしお待ちを…。

それでは、また!

コーチングはいいですよ〜(^ ^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA