ビ〜ンズ先生の自己紹介③

こんにちは!ビ〜ンズ先生です。

3回目の投稿になりますが、まだ誰も見ていないということで、気楽に綴っていきたいと思います(笑)。

自己紹介ということで、前回までに大学卒業から教員1年目を記しました。長くなりすいません。如何せんブログ初心者なので、全くまとまりがない文章になっていることをお許しください…。

今回は、2年目から現在までを「ギュッ」とまとめて記していこうと思います。それではよろしくお願いします。

・2年目(24歳) 初めて高校1年生の担任を持つ。とにかく若さで乗り切った印象の1年間。子供たちも自分の若さについてきてくれた。悩んだことも多かったが、すごく充実した1年を過ごせたと思う。

・3年目(25歳) 私学教員として最後の年。担任は2年目(同じクラスを引き続き持たせてもらった)。自分の思いと生徒の思いが噛み合わず、逃げてばっかりの1年であった。自分の力のなさを実感し続ける毎日、教員としてつまづき続けた。子どもたちのことを理解しようとせず、自分よがりの教育を展開してしまった。もしこの時期にコーチングを学べていたら…。後悔の残る、私学最後の年になってしまった。

・4年目(26歳) 公立高校(大阪市)の講師として工業高校に赴任、1年間生徒会担当+硬式野球部顧問として働く。私立学校にはないノビノビとした雰囲気が自分にはすごくあっていた。この年に倍率20倍の中、教員採用試験に合格!公私共に充実した1年間であった。この年に1回目の「大阪都構想」の住民投票が実施される。現代社会の授業で、都構想についての授業を実施した。

・5年目(27歳) 正規教員としての1年目が始まる、同期の教員との交流も重ねながら充実した1年を過ごす。分掌は引き続き生徒会顧問。「来年はいよいよ担任だ!」と意気込んでいたが…。

・6年目(28歳) 分掌で生徒会顧問主担を任せられることに…。いきなり4人の部下を抱える長に就任。そのうち3人は、自分より年上だった。正直担任したいと思っていたが、いま思えば20代のうちに組織の長を経験できたことは、自分の人生において非常にいい経験になった。大人を動かす難しさ、リーダーとして相応しい振る舞いなど、多くのことを勉強することができた。

・7年目(29歳) 生徒会主担2年目、野球部でも部長に就任。学校の中での責任も増し、改めて仕事の大変さを感じたが、仲間に恵まれ、生徒にも恵まれ、幸せな時間を作れた。この年から学校の中でいち早くiPadも用いた授業を展開するようになる。生徒の反応がわかりやすく変化し、楽しく授業を行うことができるようになった。体育祭や文化祭では、過去最高の入場者数を記録することができた。教員としての自分に自信もついた1年であった。

・8年目(30歳) 生徒会主担3年目、集大成の1年と思い、色んなことを引き継ぐ意識でやった、想いも一緒に引き継ぎたかったが果たしてどうだったか…。教師としても授業が確立してきたような気がした。

・9年目(31歳) やっと高校1年生の担任に。意気込んでいたが、コロナにより6月から学校が始まる…。入学式もできず(ちなみに教員生活の中で、1度も該当学年としての入学式と卒業式を経験することはできませんでした…)、子どもたちとも会えず、色々と考えさせられる中で、コーチングに出会う。これが大きな人生の転換点であった(コーチングについては、今後しっかりと皆さんに発信していきたいと思います!)。6月ごろ、教員を辞める決意をする。結果的にはこの年が教員として最後の1年になった。

以上「ギュッ」とまとめましたが、これが自分の教員キャリアです。慣れない土地で日々奮闘してきました。

まとめると…

・私立高校で3年間、公立の高校で6年間(計9年間)高校教員として働く。

・2年間(私立)+1年間(公立)で担任を経験、3年間(28歳〜30歳)分掌(生徒会担当)の主担として、学校運営に携わりながら教員キャリアを重ねる。

・大規模(生徒数1000名以上)の高校で学校行事を運営。体育祭・文化祭では、過去最多の入場者数を記録する。

・6年間硬式野球部の指導者として、部活動運営に携わる。

・最後の1年間は、コーチングを生かした生徒指導を積極的に行い、延べ100人以上の生徒たちにコーチングスキルを生かした面談を行う。保護者との面談でもコーチングを生かし、良好な関係を築くことに全力を注ぐ。部活動でもコーチングの重要性を感じ、1on1の面談で日々コーチング実践を繰り返す。子どもたちの変化が大きな喜びにつながっていった。

そしてここからは、今後の自分の活動に関する紹介をしたいと思います。

・「教員こそコーチングを学ぶべき」という想いが強くなり、独立を決意。

・フリーランスのコーチとして、教育業界に携わる多くの人に、自分の人生を変えた「コーチング」を提供していく。また教員志望者や若手の現役教師向けにTCS(トラストコーチングスクール)のコーチング講習を普及させていきたい。

・趣味であった筋トレを仕事にしようと思い、パーソナルトレーナーとしても活動予定(NSCA -CPT資格保有)。自身も毎朝ジムでのワークアウトを欠かさずに行っている。

・4月からプログラミングスクールに通い、IT業界への転職を目指す。

・将来は「プロコーチ×パーソナルトレーナー×プログラマー×教師(非常勤)」として仕事していくことが目標。

・様々な職業を実践していく「複業家」として新しい生き方を模索しながら日々活動中。

以上が自己紹介と今後の活動に関する報告でした!

いよいよこれから「ビ〜ンズ先生」としての本格的な活動を開始したいと思います。

多くの先生方、教員を志望する学生に自分の想いが届いてくれたら嬉しいです!

今後ともよろしくお願いします。

〜自己紹介編終了!〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA