20年ぶりに食べた、思い出のラーメン

こんばんわ!ビ〜ンズ先生です。

今日から新年度ですね!今日から先生になった皆さん、異動で新しい学校に行った先生方、新しい学年や分掌で新たな気持ちで仕事をされる先生方、1年間頑張ってください!皆さんの頑張りは必ず子どもたちに伝わるはずです。

そんな今日ですが、私はラーメンを食べにいきました(笑)。教育から少し離れて、ラーメンを食べた報告をさせていただきます。自由なブログですので、許してください…笑。

(以下、飯テロ注意…)

20年ぶりに食べたラーメンは東京都青梅市千ヶ瀬町にある「手もみラーメン 十八番」です。

https://tabelog.com/tokyo/A1330/A133003/13045363/

私は、幼少期から高校1年生まで、青梅市千ヶ瀬町で過ごしました。

元の自宅から歩いて5分ほどのこのお店は、小学生時代によく母親と一緒に行ったのを覚えています。

とにかくこのお店は、駅から遠いし、普段人通りがほとんどない場所にひっそりと佇んでいます。

立地的には全く良くない場所であるにも関わらず、長年営業を続けているのは、地元に愛されている証拠ですね!

物心ついた時から行っている店がいまだに、そして人気店として営業しているのは本当に嬉しいことです。

店の雰囲気は、何となく覚えていましたが、どことなく当時と比べて狭く感じました。

おそらく自分が大人になったという証拠でしょう…。

14時前と比較的空いている時間にいきましたが、店内には続々とお客さんが入ってきました。

さすが地元の人気店です。

ラーメンは、ポークラーメン大盛り(税込1000円)を注文。

昔ながらの中華そばに、ニンニクで焼いた豚肉がのっていました。母親に聞いたら、当時からある人気メニューだそうです。

スタミナ満点のラーメンに大満足でした。

ついでに餃子も注文しました。(3個入りですが、先に2つ食べてしまいました…)

東京都に帰ってきたので、今後も通いたいお店です。これからも地元青梅を盛り上げるお店であり続けてください!

東京にお住まいの人は、ぜひ一度足を伸ばしてみてください。車で行かれることをオススメします…笑。

美味しいラーメンを食べたら、また共有していきたいなと思います。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA